サラウンドアートギャラリーについて

サラウンドアートギャラリーは、ロシアで最初の高級ファインアート写真ギャラリーとしてモスクワに2018年に設立されました。
ギャラリーは、高級ブティックの名声とハイアートギャラリーの地位を融合させています。そのアートコレクションは、ギャラリーの当初のビジョンに従って慎重に選択されました。ファインアートの古典的で歴史的に証明された独特の特徴を尊重する現代アート作品を観客に紹介することです。これの主な概念は、絶対的な職人技が絶対的な才能に不可欠であるということです。 
現代美術は人間の存在の新しい時代、つまりデジタル時代に入り、ファインアート写真はギャラリーの注目に値するものになりました。これらのアートワークは、現代のテクノロジーと進歩の言語で視聴者に語りかけると同時に、ファインアートと切り離せない普遍的な美学を表現しています。 
「ファインアートは常に人間の創造性の最も絶妙な形であり、サラウンドアートギャラリーは現代美術におけるその例を明らかにすることによってこの概念を維持することを光栄に思っています。」
人工の現代彫刻は、そのさまざまなボリュームのある形、詳細、および素材のために、展示会の補完的な部分になっています。 
初日から、その調和のとれた外観でギャラリーは大きな注目を集めました。これらすべてとはるかに多くのことが、今日のギャラリーの成功と需要につながりました。