アーロン・リードの伝記

アーロン・リード-風景をキャプチャし、芸術的表現に従うことに彼の職業を見つけたアメリカのファインアート写真家。アーロン・リードのアートワークのコレクションは、自然の調和と美しさの見事な伝達であり、自然のままの自然、作者の理想化、官能的な誇張を組み合わせたファインアートのアイデアのデモンストレーションです。
 
ファインアート写真は、構図と色の組み合わせ、光と影、プロポーションのシステムなど、高度な芸術の法則に従って作成されている必要があります。アーロンリードは、必要な技術を人工的に備え、絵のように美しい絵画を作成し、新鮮さに満ちています。と光。彼のすべての作品は美的な喜びを与えます。
 
アーロン・リードは北西太平洋岸で生まれ育ち、現在は家族と一緒にサマミッシュと呼ばれる場所に住んでいます。その多様性と富で知られるワシントン州の性質は、彼のキャリアの初めに著者のインスピレーションになりました。若い頃、彼は自分を取り巻く風景を描き、絵を描いていました。しかし、著者自身がカメラを使い始めたとき、彼は自然のムードをより高度で現代的かつ進歩的なレベルで微妙に伝達するという巨大な可能性を発見しました。
 
アイデアからその実装まで、長い意識のある道をたどらなければなりませんでした。アーロン・リードは数年にわたって、あらゆる意味で条件と技術の完璧な組み合わせを何度も探し続けてきました。そのおかげで、彼の作品はますます完璧になりました。プロの写真家と真のアーティストの間にあるのは、写真を学ぶためのこの複雑で永続的な道です。継続的な実験、プロセスへの深い没頭、創造性の対象への愛情によって才能が強化されると、作品の結果はアーティストだけでなく社会にとっても価値のあるものになります。
これはアーロン・リードに起こり、最初の視聴者が評価した芸術的スキルを達成した後、彼は最高の写真の限定版を設定し、芸術作品の美的特性を無制限に保持するギャラリー技術でそれらを制作し始めました。物理的なオブジェクト、芸術的価値のある写真など、最終的な形の創造性を生み出すために、ファインアート写真家は別の重要で困難なプロセスを経る必要があります。紙に適用するための画像を準備します。著者が彼の作品の隠れた欠陥をすべて研究して排除するまで、結果は常に予測不可能です。アーロン・リードもこの問題の専門家になりました。彼は、高品質で対照的な深い写真を得るために、必要な回数だけ写真プリントの作成をテストしています。サンプル(「アーティストの証明」)を受け取って初めて、限定版(「限定版」)全体を作成することが可能になります。
 
「私はすべての生徒と保護者に、写真制作の準備に最大限の注意を払い、この問題を仲介者に盲目的に信頼しないようにアドバイスします」と、アーロン・リードはCaptureLandscapes誌のインタビューで語っています。
 
アメリカで最も人気のあるファインアート写真家の1人になったアーロン・リードは、写真愛好家のためのオンサイトワークショップを開催し、教育活動を開始しました。彼のグループはアメリカとヨーロッパで最も美しい場所を訪れ、これらの旅行中にアーティスト自身が新しい傑作を作成し、現代アートの愛好家のコレクションをすばやく補充し、ヨーロッパとアメリカの民家を飾ります。
 
アーロン・リードは、顧客からの多数のレビューに基づいて、彼の作品を「LuxuryNaturePhotography」と呼んでいます。 「ほとんどの人は、「贅沢」はお金、買い物、または無駄なライフスタイルであると考えています。これらのほとんどすべては、私たちが最も懸念していること、私たちが大切にしていること、そして私たちが信じていることとは正反対です。調和、人間関係、自然の中で家族と過ごす時間です。私にとって、贅沢とはアートや自分の作品を通して他の人に伝えたい体験です。この楽しい経験は、私のコレクションから芸術作品を取得するプロセス全体を伴います。感情的な熱意、注文して徹底的な相談を受けたいという願望から、最終的に人が正しい選択をしたことを理解したときの写真の配信とインストールまで。 。私にとって、私の仕事の愛好家がこのプロセスを楽しんでいること、そして本当に刺激的なものを作成することも同様に重要です。」
 
アーロン・リードの作品は、ファインアート写真の名誉あるパイオニアであるオーストラリアの写真家ピーター・リックの作品と表面的に比較されることがあります。アーロン・リード自身は、そのようなコメントに皮肉を込めて答えています。「聞いてください、紳士、私はオレゴン州ポートランドで生まれ育ち、子供の頃、日本庭園で多くの時間を過ごしました。プロの写真家になるとき、日本のカエデを撮影しないことは芸術的な犯罪になるでしょう。アメリカでは、写真家の軍隊が小さなものから大きなものへと撃たれる礼拝所が実際にありますが、トスカーナやフランスの海岸の風景を描いた画家が独占的な権利を持っていなかったように、これから彼らは他人の所有物にはなりませんこれかあの場所。この惑星の性質は、例外なく誰もがアクセスでき、同時に、誰の所有物でもありません。各アーティストは独自の方法でそれを見てキャプチャし、視聴者は彼と共鳴するものを選択します。興味深いことに、アーロン・リードの作品でコレクションを拡張したピーター・リックの写真のファインアート愛好家がたくさんいます。
 
アーロン・リードの風景と抽象化によって特に際立った芸術的な繊細さがあります。構図の正確な精緻化と穏やかな室内光のおかげで、写真は空間に居心地の良い温かい雰囲気を作り出します。アーロン・リードは、認識可能な撮影とレタッチのスタイルを開発しました。彼の画像は穏やかであると同時にカラフルです。このようにして、アーティストの前向きな姿勢と卓越性へのコミットメントが読み取られ、彼はそれを共有しようとしています。
 
アーロン・リードの写真コレクションにも独自の違いがあります。すべてのサイズの画像のプリントの総数が200部を超えることはありません(著者は一部のアートワークに100または50の小さい発行部数を割り当てています)。したがって、世界中で、著者によって与えられた数の作品しか存在せず、それぞれの作品には、真正性の証明書に示されている独自の番号があります。ファインアートの大判写真(100x150 cmから)の実際の数は、印刷物全体が販売されるため、20部以下にさえ近づきます。それぞれの写真には、表面にアーティストのユニークなサインがあります。

お問い合わせ

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。